信頼と安心のサークルホームを利用する|メリットが多いからオススメ

男の人

最大のリスクに備える方法

模型

高まる保証会社のニーズ

不動産投資の中でも、賃貸物件のオーナー業は、会社員でも副業として取り組みやすいので人気があります。マンションなどの不動産物件は、所有しているだけでも、固定資産税や管理費などのコストがかかるので、不動産賃貸で収益を上げるためには、家賃収入を確実に得ることが重要です。借主が家賃を滞納し、家賃収入が得られなくなってしまうことが、投資をしているオーナーにとって最大のリスクとなります。以前は、不動産を所有するオーナーが借主や保証人に対して家賃の支払いを督促することが一般的でしたが、最近は、オーナーの代わりに未払い家賃を回収する賃貸保証会社が利用されるケースが増えています。賃貸保証会社を利用するメリットは、オーナーと借主の双方にあります。借主が家賃を支払わないときには、賃貸保証会社がその分をオーナーに先払いしてくれるので、オーナーは家賃の支払いを待つ必要がなく、債権の回収という不慣れな行為をしなくても済みます。借主にとっては、賃貸保証会社は保証人の役割です。以前は、親や親族などに賃貸入居時の保証人を依頼するのはよくあることでしたが、最近では、保証人を立てることのできない高齢者や外国人の入居者が増えてきました。保証人を立てるのが難しい人にとっては、賃貸保証会社を利用することで、賃貸物件を利用しやすくなるというメリットがあります。賃貸保証会社の利用を入居の条件としている物件も増えてきたので、賃貸保証会社のサービス内容は以前よりもよく知られるようになってきています。